増田とウメ

山形県の闇金完済相談
看護師という仕事が激務であることには異論の余地がありません。特に病棟勤務の場合ですと、重症患者さんもいて容態の急な変化もありえますし、身体をよく動かせない患者さんの、ちょっとしたお世話も仕事の一つです。また、かなりひんぱんに緊急の手術予定が入ることもあり、スタッフの数が少ない夜間にナースコールの数が多く、対応にかかりきりになってしまったり等、少々混乱してしまいそうなくらいに立ち働くことになります。どういった医療機関で働いているかで多少違ってきますが、看護師は、他と比べると、女性の仕事としては、けっこう良い給料をもらうことができます。病院という医療施設で、人命にかかわる仕事に従事している専門職であること、それに、各種手当、例えば夜勤、残業につく手当もちゃんと出してもらえる、というのは高給の理由としては大きいでしょう。どちらかというと夜勤が好きで、いつも希望している人であるとか仕事の虫で、残業も苦にならない人の給料をみると、通常より相当、高いものとなっているはずです。日夜、看護師として厳しい仕事を続けていると、数えきれないほど大変なこともあるでしょう。そしてつい、楽な病棟はないか、などということを考えるようになってもおかしくありません。他と比べるとまあまあゆったりしているとされる病棟は、残業の少なさから、精神科、眼科、整形外科などがピックアップされるようです。ところが、専門性の高さですとか、重症度の高い患者さんの有無などの要因によっては、仕事内容がきついかどうかは、変わってくるでしょう。いつ働くか休むかをコントロールしやすく、興味があってしてみたい、という仕事を選べたりもする、等々が派遣という形で働く看護師にとっての、大きな利点ではないでしょうか。仕事は、単発のものや短期のもの、長期で働ける方歓迎、というものもあっていろいろある中から、自分に合ったところを選べます。なので、もしも看護師の仕事を探している最中なら派遣で働いてみることも一応考えてみながら求職活動をしてみてはいかがでしょうか。パートや派遣といった形で、夜勤を避けたりなどの働き方もできる看護師業ですけれど、ほとんどの看護師が病院で勤務します。けれど、看護師だからといって病院で働く必要はなく、病院の外でも、いくつも看護師の手を必要としている職場はあり、具体的には、保育園、幼稚園の保健室、企業内の医務室、介護施設や保健センターなどで、こうしたところで働く人はじわじわ増えています。看護師はこんな風に仕事をすることが可能であり、ライフステージに合わせて働きやすい職場へと、転職することもできるのです。国民の四分の一ほどが高齢者、それほどに高齢者人口が増えたこともあって、このところ次第に医療機関を利用する人口が増加しています。なので、病院で勤務する看護師についてもどれだけいても足りないという程、今のところ、どこでも人手は足りていません。けれども、それほど人手が足りない状況だと、人材を求める病院がそれだけたくさんあるということでもあって、転職を希望している看護師にとっては、転職先を見つけやすい等のメリットも確かにある訳です。少子化や高齢化のために、医療職にかかわる人たちもより多く輩出されなければならなくなるでしょう。それ故、今でさえ足りていない看護師ですが、今後もそれが継続すると考えられています。年々多くの看護師が輩出されているのに、なぜ看護師がそんなに足りていないのでしょう。それには変わらない職場環境や待遇に不満を持ち退職する人が多いということも一つの理由といえるでしょう。実は同じ看護師でも格差があるのはご存じでしょうか。たとえば正社員として働く看護師は月給制です。でも、もしパートなら、給料の支払いは時給計算になるでしょう。では、パート看護師の時給はいくらくらいか見てみると日勤の場合でおおむね1300円以上1800円くらいまでが相場のようです。これを単純にパートの時給とみると結構良いように思えますが、人の命に関わる責任の重さやかなりの激務をこなしていることを思うと、どうしても安く感じてしまいます。こことは別のところで働きたい、と転職を真剣に考えている看護師はそこそこいます。看護師の需要は高く、引く手あまたといっても良いほどであり、求人はいつでも、とても多いというのが現状です。せっかく高い志で勤め始めた現在の仕事場においてどう考えても給料が労働に見合わなかったり、休日出勤や夜勤の割合が異常に多いと感じる等々、転職をしようという結論に至った理由は、十人十色さまざまです。もしその理由が、現状よりも環境や待遇を好転させたいというものなら、なるべくなら、給料の額だとか労働条件に加えて、そこの評判や噂なども知ることばできれば、なお良いでしょう。どこの医療機関でも看護師は不足していることが多いため、看護師の転職は比較的かんたんです。転職を希望する先に履歴書を送り、書類選考に受かれば、面接試験を受けることになります。この面接において、自分がこれまで勤めてきた職場における経験や持っている技能について話をすることになります。しかし、能力的なこと以外に、職場仲間として適応できるかどうか、性格や人間的なところも見られています。実務能力はもちろんですが、協調性が高いなどといった長所もアピールできると、とても有利でしょう。看護士と看護師、いったい何が違うのでしょう。読み方はどちらも同じですが、漢字で書いてみるとどちらかで書き表されます。少し前までだと、「看護士」が男性、そして、女性を指す際には看護婦と、わかりやすく区別されていました。それが、2001年に法律が改正され、男女分け隔てなく使用できる看護師の呼び名にまとめられることになったわけです。交代制で働く看護師の、勤務終了前の大事な仕事として、多くの病院では、申し送りを行っています。要するに業務報告なのですが、担当患者さんの状態についてや、その他報告しておくべきいくつかの事項をこれから勤務をスタートさせる人へ、口頭にて報告説明する決まりです患者さんに関する大変重要な情報も含むので、内容が相手に100パーセント伝わるよう話すことが大事です。また、申し送りに時間をかけると、その間に人手が減ることになりますから、要領よく、そして素早く行うことも重要な点になるでしょう。医療機関で正職員として働き、病棟勤務についていれば病院によりますが、2交代制か3交代制でみんなが夜勤を務めます。なくてはならない夜勤業務ですが、医師と看護師も含め、人員がだいぶいなくなり、また、夜中になって患者さんから腹痛など、体調の悪さを告げられたりなど、決められた作業以外の急な対応が増える傾向があります。かといってルーチンワークもこなす必要があるので、作業量としてみてみると、日勤のそれを上回ることになります。現在、私は病院事務として働いています。通常、看護師さんと一緒に仕事をするということはないのですが、常にみなさん忙しく働かれています。夜勤をして家事をして育児をしてと本当に忙しい毎日だろうなと思っています。しかし、案外、忘年会の時に、うまく対処されているなと感じたのが、自分の子供と一緒に参加している看護師さんが少なくないんですよね。先生方も喜んで迎えられていて温かい雰囲気でした。ハードでありながらも、大きなやりがいを得られる看護師の仕事ですが、最もやりがいを覚えるのは回復した患者さんが退院していき、その上、わざわざ改めて、病院まで足を運び、挨拶をしにきてくれた時でしょうか。そしてまた、患者さんのご家族に涙ながらにお礼を言われるような時も、最高にやりがいを実感できます。夜勤も休日出勤もあり、その上、激務でもある看護師の仕事は、かなり心身に負担がかかりますから、やりがいを覚えなくなったら、きっと辞職しようと願い、悩んでしまうと思うのです。大きなやり甲斐を得られ、また社会的にも有意義な看護師という仕事ですが、その一方で困難もまた様々なのです。挙げるとキリがありませんが、まず仕事のハードさは言うまでもありません。そして、職場に拘束される時間が長くなりがちで、さらに不規則であること、独特の張りつめた空気が漂う職場でもあり、そうした中では意見の相違や行き違いから、人間関係が難しくなることもあるはずです。ハードさを充分納得しつつ、看護師のお仕事を目指そうとする人が大勢いるというのは、良くない点を打ち消せる程に長所も多いということに他なりません。少々昔の話ですが、看護師などというのは大変に苦労の多い仕事である、と言う風に人々に捉えられていたようです。でも、今現在においては、困難さがあるのは職業柄当然として、看護師はそれに相当する給金の獲得が可能である専門職であることが、よく知られるようになっております。何しろ看護師の給料といえば、女性が筆頭の稼ぎ頭となって、家族の生活を成り立たせることができるくらいの収入にはなるのです。つまり看護師というのはかなりの高給を期待できる仕事なのです。入院できるような大きい病院の看護師の仕事内容は、外来勤務と病棟勤務で大きく違ってきます。そうなると、看護師生活を病棟勤務でスタートしたとするなら、次の職場でも病棟勤務、というのはよくある話です。それから、採血が上手くできるなど、採用時に雇用側に言っておくと、得意なことを最も活かすことができる持ち場配置となり、働きやすくなるでしょう。ですから例えば「夜勤が平気で気にしない」という場合は、高い確率で病棟勤務にまわされるでしょう。もちろん業務の内容によって、給料が変わる可能性も考慮しながら、とにかく希望することなどがあれば、言っておくべきです。もはや日本は超高齢化社会です。病気になったりケガをしやすい高齢者が増えることで、病院を訪ねる高齢者は増えて患者数の総数を押し上げており、看護師もますます忙しくなってきています。お世辞にも良いとは言えない労働環境で、残業、夜勤とわが身を顧みず働き続けて、残念なことですが、過労死してしまった看護師もいるのです。たとえ夜勤をしない日勤だけの仕事になっても、自宅療養の患者のための訪問介護の仕事があったりして、それら介護系の仕事でも、高齢者の急な増加により、看護師の需要はうなぎのぼりとなっており、どうやら、看護師を巡る環境は、どこであっても厳しいみたいです。看護師になろうと思ったきっかけは職業体験というものが中学の時にあって介護施設に行ったのですが、そこの看護師さんに衝撃を受けたからです。将来、仕事を選ぶとき、こんな風に働きたいと思ったことをきっかけに高校卒業後、看護学校を経て今は看護師です。辛くなってしまうようなことだってあるのですが、充実した日々を過ごしています。新しい看護師として、初めて病院で働くことになった際に、気になるのはその配属先ですが、100パーセント希望通りにしてくれる病院もありますし、人事を担当する人の考えによって決められてしまうこともあるでしょう。配属先の決定は、病院側によって、人材を希望する各部署からの要望と、新人の適性から判断され、そこに配属になる事が多いのです。それでも、その人材配置に納得いかず、仕事に身が入らなければ、直属の上司に訴えてみることはできますし、考慮されることもあるでしょう。看護師と一般の労働者全般の平均収入を比較すると、平均年収という点では確実に、看護師の方が上回るといいます。医療に関わる職場において常に需要が高い傾向が見られますから、景気に関係なく、収入が安定しているといった点も、人気職である所以かもしれません。収入が良いのは事実ですが、その一方で、延々とサービス残業をさせられたりすることも多く、その労働環境を見ると、劣悪とまではいきませんが、少なくとも良好ではないようです。特に、看護師の勤務形態と労働時間について言えることですが、世間一般よりも多少、やりくりしやすい部分があります。他のスタッフとの兼ね合い、つまりシフトの状態に左右されますが、有給休暇を時間単位で取る時間休をとることができます。なので、子育てと両立させながらなんとか勤務を続けていける、という手応えを得ている人がほとんどです。子供が小さいうちだと特に、急な欠勤や退勤をせざるを得ないこともあるわけですが、それでも都合をつけながら、やっていくことができているのは、勤務時間を調整しやすい看護師という仕事だからこそ、なのかもしれません。ところで、他の職業同様、勤務時間は大体8時間というのが基本です。比較的、高い給料をもらえる看護師ではありますが、勤め先により違いがあり、例えば大学病院と小規模のクリニックでは、金額がかなり変わってくるでしょう。そして、気になる退職金は、国立病院や公立医療機関に勤めていたのでしたら、細かく勤務の年数、職の位などにより、退職金の額が決められますから、それを支払ってもらえるでしょう。翻って個人病院の状況ですが、病院によっては退職金の取り決めさえない場合がありますので、最終的に、院長先生がどう考えているか、といったところに収束するのかもしれません。公立病院に限っては、確実に規定額の退職金が出ます。他はそうとも言えない、ということになるでしょう。看護学校を卒業してすぐに働いた病院では、色々と不慣れなあまりに仕事に耐えられず辞めてしまい、看護師は向いていないのではないか、辞めた方がいいのかも、とぐずぐず悩んでしまいました。さんざん迷った後で、やっぱりこの道しかないという結論に達しまして、どうしても転職したい、と強く思ったのです。そう決めたまではいいのですが、履歴書をどう書けばいいのやら、悩みました。そういうサイトを見たり、本を探したりしながら思いつく限りの工夫を凝らして書き上げましたけれど、もう一人前なのだから、いろいろなことに際し、自分で考えて結論を出し、行動しなければならないのだ、とわかったのです。この職業を選んだ人にとっては大きな利点ですが、看護師というのは慢性的に人手不足のところが多く、常に求められています。なので再就職を希望したら、それはすぐに実現できるでしょう。しかも、その際に気を付けてさえいれば、理想の条件に近い職場も、見つけられるのではないでしょうか。幸い、ネット上を少し見てみると看護師の転職をサポートする専門の求人サイトなどがたくさんありますから、活用しつつ、優良な職場を探してみてはいかがでしょうか。働く時間も休みも不規則な看護師の仕事ですが、やりようによっては、土日に休むことも可能です。病棟勤務だと難しいですが、外来勤務になれば、土日が休日になるでしょう。予定にない急な出勤や、順番にまわってくる休日診療の当番などもあるのですが、土日は休める、と考えてもよさそうです。また、個人経営のクリニックで、入院施設がないようなところであれば、多くの場合は土日は休みでしょう。看護師といえば、仕事のハードさがよく知られていますが、だからといって看護師の寿命が他と比べて格段に短い、などということはありません。ですが、交代制で夜勤があるなどで不規則な生活で、寝不足や疲労から体調を悪くしたり、知らずにストレスを溜めていた、ということはしょっちゅうです。ところで看護師であるからには、自然にそれなりの知識もついてきますから、他人の状態がどうか、ということのみならず、自分自身の身体や健康についてもかなり深く理解できるようになるでしょう。看護師の世界で通用する、業界専門用語の一つとしてエッセンという言葉があり、ほとんどの人には何の事かよくわからないでしょう。この言葉の意味は、食事休憩をとります、というものであり、仲間うちだけに伝わるようにしたもので普段から使用されているようです。ところで、エッセンという言葉ですがこれは、そのまま「食べる」という意味のドイツ語なのです。昔、この世界ではドイツ語の医療用語が盛んに使用されていた事実があって、現在までその習慣が微かに残っていて便利に多用されているようです。数年ほど、看護師として働いているのですが、ちょっと気になることがあって、看護師というのはタバコを吸う人、アルコールを好む人の割合がかなり多いように思います。禁煙ブームといわれて久しいですし、喫煙の害についてもよく知られてきて、看護師の喫煙率も多少減ってはいるようです。でも、やはり、他職業と比べたら、相変わらず喫煙率は高いです。アルコールの方ですが、たまに行われる飲み会などでの皆さんの酔っぱらい方は堂に入っているといいますか、少なくとも白衣の天使というイメージは皆無です。とは言え、こうした醜態も日頃から仕事で抱え込んだストレスのせいだとも理解できますので、そうやって発散できるのなら、それでいいと思います。ただ、健康には気をつけてほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です